専門的な教育を受けてその道のプロフェッショナルになる

nlpを学ぶ

1970年代、アメリカの大学で生まれた心理学nlpを学びたいという人が日本でも増えています。 nlpは、神経言語プログラミングという意味になります。神経と言語のプログラミングで人間の行動が決まるされいます。潜在意識の組み立てを変えていくことで問題解決やコミュニケーション能力を高めていくことができるのです。 日本にもnlpを学ぶための学校や講座がたくさんあります。 全くnlpを学んだことがない初心者のためのコースや二日間コース、DVDを使った通信講座などがあります。本格的に勉強したい人や資格取得もできる講座もあります。 初心者コースは、2時間で終わるものなどは2千円くらいからあります。二日間の講座は、8万くらいなど時間と内容によって費用は変わってきます。 アメリカに行って直接、nlpの博士から講義を受けることができるコースもあります。その費用は、約48万と高額ですがプロのトレーナーになることができます。 まずは、初心者コースからnlpに触れるのもいいことといえます。

カリフォルニア大学のリチャードとジョンという二人の研究家から始まりました。当初は、セラピーとして開発されてきました。そのセラピーで誰もが認める良い結果となることから欧米を中心に広まっていったのです。 さらにその二人の後継者が、このセラピーを発展させていきました。この後継者は3人おり、3人の天才とまで言われるほど世界中に広めていったのです。 nlpは、誰もがその勉強をすることによって同じような結果を出すことができるように体系化されたものです。 nlpを活用した人の中には、アメリカのオバマ大統領や南アフリカのネルソン・マンデラ氏などもあげられます。大きな成果を上げることができることから、スポーツやビジネス、個人にまで活用する人が増えているのです。